エステのランディングページはエレガントさを出す!

広告の内容ではなく雰囲気から購入意欲が促進されることが無きにしもあらずであるように、エステ店のランディングページでも醸しだす印象を意図的に作ることが求められます。エステ技術を売りにしている旨をLPで強調したい場合は、エレガントさを出すことから始めることが有効です。

施術を受けることによって一段と美しくなりたいと希望している利用者は、ランディングページからありとあらゆる情報を収集しようと努めます。有益な内容がLPに記載されていれば要件を満たしているとは言えず、エレガントさが感じられる雰囲気を出すことに努めることを要します。

ランディングページで情報収集を行っている人物は、将来的に自身が綺麗になったときの様子を想起する傾向があります。その助けをしてくれるのが、LPのエレガントさというわけです。エステからは無骨な印象を受けないので、広告の雰囲気も相応しいものでなければいけません。全体的に上品な印象でまとまっている情報源であれば、より綺麗になりたい気持ちを増幅させることにつながります。

ありふれた情報が散りばめられていても、上品な雰囲気によって極上の施術が期待できると感じるようになります。
最近の施術は担当者の技術力が高いだけでは、他にもライバルが多数存在しているので売り上げが伸び悩みます。美しくなりたいと願う多くの人を呼びこむ一つの手段として広告を発信することは効果が高いので、さらなる成果を上げるために上品さを大事にすると成功しやすいといえます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ターゲットを明確にしたバナーを作らないと大量の無駄クリックが発生?

ws
広告を出すなら、無駄なく良い効果を出したいですよね。広告を打ち出すには、まずターゲットを設定し、どの媒体に広告をだすか、どんなバナーにするかを決めていきます。

広告は1クリック当たりいくら、コンバージョン率はどうかで金額が変わってきます。対象ではない層、つまりコンバージョンを獲得できない人達にばかりクリックされてしますと、広告の効果は出ていないのにお金だけがかかってしまうことになりかねません。例えば新卒採用の広告を打ち出す際に、「○○会社求人募集」だけでは新卒も中途もパートもアルバイトも皆対象となってしまい、多くの無駄クリックが発生してしまいます。

画像でも同じで、若い新卒募集なのに中年の人向けのバナーでは、本来の対象は見過ごしてしまう可能性が高くなってしまいます。女性向けなのにアダルトっぽい画像なんていうのもNGです。ターゲットは絞りすぎると効果は出にくいですが、多くの人に見てもらいたいと思うあまり対象を広げすぎても無駄打ちが多くなり予算を早々に消化してしまうなんてことになってしまいます。正しい対象に向けた広告なら、自然とコンバージョン率は上がってきます。

適当数なターゲットに対し、適切なバナーを作成し、適切な媒体に広告を出す。基本中の基本かもしれませんが、欲張らず対象をある程度絞り、適切な広告を打ち出すことができれば、無駄打ちも少なくなりちゃんと効果もついてくるのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

CMSで作るLPのメリット

pixta_608850_L
LPをCMSで作る最大のメリットは、『LP制作会社に依存せず、誰でも簡単に更新ができる』ここに尽きます。

現在、日本で検索エンジンのシェアは実質Googleが90%以上を占めています。
Googleの評価がそのまま、日本のインターネット上での評価といっても過言ではありません。
そのGoogleのサイトの評価基準に、更新頻度が含まれているのは有名な話です。
そのため、サイトの更新はSEO対策として重要です。しかし、ソースで作られている場合、HTMLやCSSなどの知識がないと更新できなくなってしまいます。
その点、CMSで制作されているLPは誰でも簡単に操作できることを目標に作られているので、SEO的に有利であると言えます。

また、サイトを閲覧するユーザー目線から考えても、更新は重要な要素になります。
ユーザーは何かしらの情報を得るためにサイトに訪れます。
そのため、新しい情報がないサイトには再訪問する理由がなくなってしまします。
しかし、定期的に更新されるサイトであれば、更新されたタイミングで訪問する理由ができますし、タイムリーな情報を提供することで来店や購買に繋げることが可能です。

さらに、制作費用が比較的安く済むこともメリットと言えるのではないでしょうか。
CMSの場合、テンプレートに当てはめて制作することになるので、お店の担当者レベルで十分なサイトが制作できます。
仮に、制作業者に依頼したとしても工数が大幅に軽減されるため割安になるケースがほとんどです。

テンプレートで制作するため、凝ったデザインには向かない方法ですが、それに余りあるメリットが考えられ今後のLP業界の主流となることは間違いないでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする