ターゲットを明確にしたバナーを作らないと大量の無駄クリックが発生?

ws
広告を出すなら、無駄なく良い効果を出したいですよね。広告を打ち出すには、まずターゲットを設定し、どの媒体に広告をだすか、どんなバナーにするかを決めていきます。

広告は1クリック当たりいくら、コンバージョン率はどうかで金額が変わってきます。対象ではない層、つまりコンバージョンを獲得できない人達にばかりクリックされてしますと、広告の効果は出ていないのにお金だけがかかってしまうことになりかねません。例えば新卒採用の広告を打ち出す際に、「○○会社求人募集」だけでは新卒も中途もパートもアルバイトも皆対象となってしまい、多くの無駄クリックが発生してしまいます。

画像でも同じで、若い新卒募集なのに中年の人向けのバナーでは、本来の対象は見過ごしてしまう可能性が高くなってしまいます。女性向けなのにアダルトっぽい画像なんていうのもNGです。ターゲットは絞りすぎると効果は出にくいですが、多くの人に見てもらいたいと思うあまり対象を広げすぎても無駄打ちが多くなり予算を早々に消化してしまうなんてことになってしまいます。正しい対象に向けた広告なら、自然とコンバージョン率は上がってきます。

適当数なターゲットに対し、適切なバナーを作成し、適切な媒体に広告を出す。基本中の基本かもしれませんが、欲張らず対象をある程度絞り、適切な広告を打ち出すことができれば、無駄打ちも少なくなりちゃんと効果もついてくるのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>