シンプルなLPとコテコテのLPはどっちが売れるか?

インターネットが一般的になり、巷にはウェブ広告が溢れかえるようになってきました。どのページを見てもどこかしらに広告が載っていると思います。ウェブ広告とは、商品なりサービスなりをユーザーに買ってもらう為に出しているものですが、その広告ページの良し悪しによって成果は変わってきます。広告ページ、つまりランディングページですが、コテコテに情報が盛り込まれて動画やアニメーションがふんだんに使われているページと、シンプルですっきりしたページとではどちらの方が売れるのでしょうか。商品によって傾向は異なりますが、どちらかというとシンプルな方が好まれやすいのです。シンプルといっても、必要な情報が載っていないとか、使用方法の写真が載ってない等といった手抜きではなく、コテコテした画面のうるささがなく余計な情報を与えずにしっかりと商品をアピールできるページのことをいいます。ランディングページ(LP)の最終目的は、コンバージョンを獲得することです。LPに来てもそのまま帰られてしまっては意味がありませんよね。どんなに素晴らしくて絶対売れる!と自信を持って言える商品であったとしても、その店構えとなるLPがごちゃごちゃしていては、本来目立たせたい商品が埋もれてしまいます。コテコテしたページでも、そのページの勢いのままコンバージョン獲得できるような商品であればいいですが、最近のユーザーは賢いですからしっかり時間をかけて購入する人が多くなっています。すっきりしたページで安心感を与えながら、商品をアピールして買ってもらう。ある意味実力勝負なページをどんどん仕掛けていきましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>